Exploratory コミュニティ

データがまだないときに検定に必要なサンプルサイズを見積もる方法

#1

Exploratoryのt検定, ANOVA, カイ二乗検定の検出力分析では、許容できるタイプ2エラーの確率などの情報を指定することによって、必要なサンプルサイズを見積もることが出来ますが、そもそもアナリティクスビューを開くためのデータがまだない、という状況があると思います。

そうしたときの一つの方法として、ExploratoryがUIをとおして呼び出しているpwr Rパッケージの関数を直接ノートから呼び出すという手段をこちらのノートで紹介しています。