Exploratory コミュニティ

カスタマーごとに注文した商品数を求める方法

#1

例えば、オンラインストアを運営していて、一行が注文のうちの一つの商品となるデータがあります。

34

CustomerIDごとに、どのくらいの商品数を購入しているかのデータを新しい列に追加したいとします。

こういった場合には、「グループ化」と行数を計算するn()を使うことで
CustomerIDごとに商品の購入数を合計した新しい列を作ることができます。

それではやってみましょう!

まずはじめにCustomerIDごとにグループ化していきます。

CustomerIDの列ヘッダーメニューから、「グループ化」を選択します。

18

CustomerIDごとにグループ化されていて、520人のカスタマーがいることがわかります。

35

次に、ステップメニューから「計算を作成(Mutate)」を選びます。

21

計算エディタにn()を入力して、実行します。

00

そうすることで、新しい列にカスタマーごとの購入商品数を作ることができました。

46